五等分の花嫁 3.6
3.6/5
作品評価  4.0
4/5
作品認知度 4.1
4.1/5

メディア:漫画→アニメ化 

原作:春場ねぎ

アニメ制作: 手塚プロダクション

初回放送日: 2019年1月

ジャンル: 現代ラブコメディ

【ストーリー】 
 高校2年生の上杉風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。
 
 ある日、中野五月という転校生と出会った風太郎は、成績優秀な自分に勉強を教えるように乞われたがそれを断り、余計な一言を言ったために彼女の怒りを買ってしまう。

その直後に妹から『富豪の娘の家庭教師』のアルバイトを紹介され、借金返済のためにその仕事を引き受けることに。
 
 さっそく仕事に向かった風太郎に与えられた仕事は、なんと学校で怒りを買ってしまった五月を含む五つ子に勉強を教え、全員を高校卒業へ導くと言うものだった。

 5人揃って落第寸前な成績なのにも関わらず、勉強意欲のない5人に頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流し、四葉、三玖、一花と信頼を得ていく。

 しかし二乃と五月の協力は得られないまま中間テストを迎えてしまい、テストの結果は赤点。家庭教師を続ける条件である赤点回避を達成できなかった風太郎は5人にアドバイスをして去ろうとするが、なんと今まで非協力的だった二乃が風太郎を庇って嘘の報告を父にしたことで、風太郎は家庭教師を続けられるようになる。

 こうして五つ子の家庭教師を続けることができた風太郎は、五人にアルバイトとして勉強を教える。こうして五つ子との交流を続ける風太郎のことを気に入った五つ子は、次第に風太郎に好意を抱き始め、行動を起こし始めるのだった。

コス人気度
人気度 80%
コス容易度
容易度 90%
コス映え度
映え度 80%

Character

キャラクター名

 中野 一花(なかの いちか)

性 別

 女

声 優

特 徴

 五姉妹の長女。アシンメトリー調のショートヘアと右耳に填めたピアスが特徴的。
 
 イメージカラーは黄色。からかい上手の小悪魔的な性格だが、面倒見のよいお姉さん気質。
 
 長姉として日頃から妹たちのことを気にかけており、同じ歳であるはずの風太郎にもお姉さんぶっては時折アドバイスを送っているものの、気遣いが行き過ぎてしまい、自分自身の気持ちを押し殺してしまいがち。
 
 また、そんな性分に反して私生活はかなりズボラで、自室は汚部屋と化しており、寝ている間にショーツ以外脱ぐ癖がある。

キャラクター名

 中野 二乃(なかの にの) 

性 別

 女

声 優

特 徴

 五姉妹の次女。
 黒いリボンで結ったツーサイドアップが特徴的。

 勝気でヒステリックな毒舌家だが、姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思い。

 料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く、社交的で友人も多い。三玖曰く面食いであるとのこと。

 イメージカラーは黒
 当初は時折荒っぽい言動が目立ったが、次第に女子高生らしい口調に統一された。

キャラクター名

 中野 三玖(なかの みく)

性 別

 女

声 優

特 徴

 五姉妹の三女。
 
 右目が隠れる斜め分けのセミロングとヘッドフォンが特徴的

 イメージカラーは青。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。

 そのため積極的に風太郎にアプローチしようとしているが、恋愛に関して奥手なためにあまり進展していない

キャラクター名

 中野 四葉(なかの よつば)

性 別

 女

声 優

特 徴

 五姉妹の四女。ボブカットとウサギ調のリボンが特徴的。
 
イメージカラーは
明るく前向きであり、人の役に立つことが好きで、頼み事を断りきれないお人好しな性格。

 一方で、自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気ではない面もある。

 身内以外には丁寧語で話す。姉妹の中で最も成績が悪く、風太郎からは「やる気があって頼りになるが一番の問題児」と評される。

キャラクター名

 中野 五月(なかの いつき)

性 別

 女

声 優

 山田 小太郎(やまだこたろう)

特 徴

 五姉妹の五女。
 若干クセのあるロングヘアーに、頭頂部から生えたアホ毛と星柄のヘアピンが特徴的。

 イメージカラーは赤。真面目だが要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない。誰にでも丁寧語を徹底している。
 かなりの食いしん坊であり、作中でも食事シーンが多い。

 大の怖がりでオバケやホラー映画が苦手。母親の月命日である14日には欠かさず墓参りをしている

 風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、クラスメイトになる。当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなっている。

 後に、母と同じ教師になる夢を抱くようになる。男性に対しては潔癖な面がある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

XUANDONG 五等分の花嫁 中野三玖(Nakano Miku) グッズ イヤ...
価格:5139円(税込、送料無料) (2020/10/11時点)

総合評価 3.6
3.6/5

 『五等分の花嫁』は週刊少年マガジンで連載されていた作品であり、この度2度目のアニメ化も予定されており、マンガ・アニメ好きの間では人気の高い作品となっています。

 ヒロインが五つ子であること、また、この五つ五の内、『誰かと結婚するのは分かっているが、誰と結婚するのかは分からない』という謎めいたストーリー展開で多くの読者を惹きつけました。

 また花澤香菜さんや竹達彩奈さん、佐倉綾音さんなど人気・話題の豪華声優さんをヒロイン達に起用していることから興味を持ってアニメを見始めたという方も多い作品です。

 ヒロインが五つ子であることから、連載当初は双子などと違い、性格や見た目などでの区別がつけにくいのでは?と指摘する声も一部ではあったようですが、それぞれの性格は明確に表現されて混同されることがなかったこと、それぞれに好みや趣向を設定することに加え、アイテムやイメージカラーなどで強く印象付けることにより、各キャラを立たせることに成功しているように見えます。

 アニメ1期では、連載途中であったことから誰と結婚するかまでは描かれませんでしたが、連載終了後である2020年10月放送予定の第2期はどこまで描かれるのか気になる所ですよね。

 コスプレの観点で見てみると、やはり五つ子なので各キャラは立っているものの、外見のテイストには共通したものがあり、それぞれの表現はやはりアイテムや小物での区別が主となってくるかなと思います。

 アニメ化作品であり、コミックスの発行部数も多く話題作でありことからコス衣装や装飾品の流通も多く、コスプレをこれからはじめよう、コスプレを始めたばかりという方には特にオススメの作品となります。

 また五つ子の外見のテイストは似ている設定を逆に生かして、アイテムを少し入れ替えるだけで他のヒロインのコスプレへと比較的簡単に変化させることが出来るという発想もあり、一度で二度以上楽しめる題材であると言えます。

 これからコスプレを始める方やコスプレに興味があるものの、どの作品のコスプレをしようかと迷っているそんなあなた、この『五等分の花嫁』がピッタリかもしれません。
 作品が好き、キャラクターが好きという方なら尚更です。

 『五等分の花嫁』は連載期間が2017年8月〜2020年2月の約2年半であり比較的短期であった点から登場する衣装の種類はそこまで多くはない上、多くの方が選択するであろう既製品を利用する場合は、コスプレの完成度が購入先の使用する生地や縫製クオリティ、要は質に左右されやすい側面も持ち合わせています。

 またメリットとしてあげた一度で二度以上楽しめるという点は、逆を言えば、表現を間違えると、誰のコスプレをしているのか分からないということにもなりかねない要素にもなりえます。

 ストーリー序盤に結末の一部を見せることにより物語の魅力を増幅させている本作ではありますが、事実上五つ子のコスとなる表現の多様性、その個性の表し方の幅には制限があると言わざるをえません。

 コス前提の総合評価は3.6点となりますが、結末を迎えて久しい今尚、SNSは五つ子のコスで賑わっています。

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「五等分の花嫁」を素材として二次利用しています。