「50代で年収300万弱」…5人に2人が非正規の時代到来

「50代で年収300万弱」…5人に2人が非正規の時代到来

 

 


 1990年代以降、非正規社員比率がほぼ一貫して、2019年まで上昇した。同比率(男女合計した全体)は84年には15.3%だったが、19年には38.3%である。つまり、10人中ほぼ4人は非正規社員である。

[図表1]は、非正規社員比率が大きく上昇した期間は、1992年から2007年であることを示している。この期間に、男性の非正規社員比率は約106%(約2倍)も上昇した。

この期間は、バブルが崩壊し、まず新卒の就職難が始まり、97年頃からデフレがはっきりしてくると、それまで景気が悪化しても雇用が守られていた正規社員のリストラ(希望退職の募集・解雇)が始まった期間に相当する。

男性正規社員数はバブル崩壊後も96年頃までは増加していたが、05年の対97年比は10.7%も減少した。まとめると、92年から07年にかけての非正規社員比率の上昇は、デフレによる雇用市場の悪化の結果である。

なお、2013年から19年にかけて、男性の非正規社員比率が08年から12年にかけてよりもかなり大きく上昇しているのは、この期間に雇用市場が改善したため、65歳以上の雇用者が、19年には12年と比較して65%も増加したためである。

この増加により、19年の65歳以上の雇用者が全体に占める割合は、12年よりも4.2ポイント上昇し、11%になった。彼らの73%(19年時点)は非正規社員であるから、彼らの雇用市場への参入がこの期間の非正規社員比率を引き上げた主因である。

デフレによる雇用市場の悪化によって非正規社員比率が大きく上昇したが、この非正規社員比率の上昇は、正規社員と非正規社員の賃金格差と大量のワーキングプアを生み出した(以降の賃金に関するデータの出所は、厚生労働省『賃金構造基本統計調査』であり、同調査では、正社員・正職員と正社員・正職員以外という用語が用いられているが、ここでは前者を正規社員、後者を非正規社員と表記している)。

非正規社員の年間賃金の正規社員のそれに対する比率は、少しずつ上昇しているが、2019年になっても、56~64%程度にとどまっている([図表2])。

ちなみに、19年における中小企業(従業員10人から99人の企業)の非正規社員の年間賃金は、全産業の正規社員の51%(約半額)で、273.99万円(月額22.8万円)である。

さらに、正規社員は年功序列賃金制の下に、19歳以下の255.5万円(年間賃金、以下同じ)から55~59歳の652.2万円まで、2.5倍増加するが、非正規社員は19歳以下の224.5万円から55~59歳の288.4万円までと、1.3倍しか増加しない。

非正規社員の60~64歳は354万円に増加しているが、これは退職金が支払われるからである。その退職金を含めても、非正規社員の年間所得は、同年齢階級の正規社員の69%にとどまっている。

正規社員と非正規社員の賃金格差が拡大する最大の要因は、正規社員の賃金が年功序列賃金制の下で、54歳まで上昇し続けるのに対して、非正規社員の賃金は年齢が上がっても、低水準(35歳から54歳まで、年間賃金は290万円弱)のままほとんど上昇しない点にある。

正規社員と非正規社員の賃金格差は、定年前の59歳まで年齢が上がるとともに拡大する。

この格差拡大により、男性については、退職金を含めないケースでは、大学卒の正規社員の生涯所得(学校を卒業してからただちに就職し、60歳で退職するまでフルタイムの正規社員で同一企業に働き続け、退職金を含めないケース。以下の生涯所得は労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2019』による、17年のケースである)は2.9億円になるが、大卒の非正規社員は1.6億で、1.3億円の差がつく。

上の統計では、非正規社員の退職金を含めた生涯所得が示されていないが、大学・大学院を卒業した正規社員(60歳で退職金を得て、その後は平均引退年齢66.8歳までフルタイムの非正規社員として働くケース)では、退職金を含めると、その生涯所得は3.3億円(うち、退職金は1890万円)に達する。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3e336909a31dcf082b8e7ac6daf93c0aded93726

引用元: ・【経済】「50代・年間賃金288.4万円」…デフレがもたらした「10人に4人が非正規」の実態 [田杉山脈★]

112
>>1
1990年代以降、非正規社員比率がほぼ一貫して、2019年まで上昇した。同比率(男女合計した全体)は84年には15.3%だったが、19年には38.3%である。
つまり、10人中ほぼ4人は非正規社員である。
↑ みんな騙されないで。共働きでパートをする奥様が増えたから、非正規が増えたように見えてるだけだからね。全くデタラメなデータだよ

154
>>1
主婦も入れての賃金だから…

256
>>1
非正規比率が大きく上昇した理由は、共働きで奥さんがパートする世帯が増えたからなんだよなぁ
それが10人中4割が非正規のカラクリ

2
なんで非正規労働作ったんだろうね

5
>>2
トカゲのしっぽ切りだから。そうやって企業は生き延びてきた。ある意味切ったことで日本は存在で来てるんで、非正規も生きて行ける。

10
>>2
大手正規・公務員は解雇不能だから雇用調整部分として

304
>>2
雇用調整機能として作った
おかげで潰れなくて済んだり、業績を伸ばすことができた企業があったので
助かった人がいる一方、ハズレを引いた一部の人は辛くなった

474
>>2
ワークシェアして食い扶持を確保するためでしょ
当時は年功序列で世代ごとのパイが決まってるから、景気悪化&人口多い世代が重なったときには
世代ごとのパイをみんなで小さく分け合ってなんとか生きるしかなかったんだよ
社会を崩壊させないためにみんなが知恵を出し合った結果で、未曾有の事態に対してよく対処したと思うよ

もちろん反省点はあるから、リーマンショックのときはその経験を活かして若者を救おうと世の中を挙げて取り組んだわけで

498
>>2
今や、それに足を引っ張られて正規労働も平均賃金が下がってしまった

11
非正規自体は悪くない
非正規を食い物にする制度を作った竹中先生が邪悪だったんだよ

12
他国じゃ資本が労働者を搾取してんだろうけど、
日本は労働貴族が奴隷(非正規中小零細下請け)を搾取してるわけ

15
破綻レベルから同一労働同一賃金と週休3日制を導入して建て直したオランダの奇跡を知ってるか?
日本では無理だろうな
議論してノロノロしてる間にとことん衰退してくよ

16
日本が財政破綻するから非正規にして国際競争力をつけるしかないと
言ってたが間違いだったんだぞ 

24
50代って一番格差開くような気がする

471
>>24
今の50代って概ねバブル世代だけどな
最後の恵まれた世代ですらこの状況なら10年後どうなってることやら

28
非正規でもちゃんと働いているだけマシ
数字に表れないステルス無職こそ問題

30
パートの主婦と高齢者は除外すべきだろ
実際の数字がわからん

33
何度も言うがこのまま日本の借金が増え続けると財政破綻するから
非正規にして国際競争力をつけるしかないと言ったんだぞ
そんな事をすると年収300万円になり日本経済が終わると言ったが
そんなわけないだろ 君がやってるのは貧困ビジネスだと言われたのが森永卓郎だ

37
正規って殆どブラックだよ

だって何されても辞めないんだから

39
民主党政権の円高放置で工場が海外移転し
正社員雇用が激減した結果

43
>>39
工業の海外移転はもっと前だな
2002年頃から始まった
2001年の中国のWTO加盟が引き金になった

53
>>43
その10年以上も前の80年代後半からアメリカでは
とっくにその傾向が起きてた
MADE IN USAがどんどんと途上国製に代わって
郊外の量販チェーン店で大量に売ってたね

それを頻繁に視察に行って真似してたのが日本の財界
ダイエーとかヨーカドーとかイオンとかもみんなそう
みんなアメリカの真似だね

40
1992年から2007年て単純に
団塊ジュニアのような人口の多い塊が労働市場に参入し始めた時期で
団塊が現役で居た時期と重なってた期間でもあるな
今思えば非正規化を拡大しなければ、デフレももっと短期で底打ちしてたと思う

42
日本の非正規は労働組合が作った。自分たちの待遇を保持するためのいけにえとして。
だから労働組合は非正規の問題に対して全力で逃げる。
それはもうひろゆきからの指摘ですら逃げるレベルで逃げる。

46
問題は誰が消費を支えて誰が税金払うかだよねw
日本の製造業の熟練社員の作った製品やサービスをとことん値切り倒して、
安い海外製品を売る何の技術も知識もないアルバイト店員だらけにした結果がいまだろ
おめでたいねえ

48
時給800円よりはましだろ

54
パートに出てる奥さんとかもカウントされてるのがポイント
国勢調査で共働き世帯数は専業主婦世帯を抜いて6割超えまで増加してるからね

57
アベノミクスで非正規が爆増したからなw

67
クビを切りやすい、非正規を増やそうという竹中が間違っているんだよ。
安月給で働かせることのできる、正社員のほうを増やそうとしないと!

69
こんなんじゃ結婚しようとは思わないよね

少子化の根本原因

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

あなたにオススメの記事