『ワンピースがフランスで人気なワケとは?』 尾田栄一郎『ONE PIECE』第100巻初版25万部 

『ワンピースがフランスで人気なワケとは?』 尾田栄一郎『ONE PIECE』第100巻初版25万部 

尾田栄一郎氏による大人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の第100巻初版25万部が、12月8日、フランスで発売された。世界で第2位のマンガ大国と呼ばれるフランスである。発売当日は、フランス各地でマンガ専門ショップやFnacなどマンガを扱う店の前に、開店前から長蛇の列ができ、フランスでの『ワンピース』の人気の高さに誰もが驚いた。

《Le tome 100 de One Piece est sorti mercredi en France, comblant l’impatience des fans –
@lodesusbielleh》
《フランスで、ワンピースの100巻目が発売されたが、限定版を求めて、並ぶフランス人の様子を説明したニュース》
https://video.twimg.com/amplify_video/1468839273344475136/vid/1280×720/IcYwkUWQaQzPosaw.mp4

■フランスでのマンガと『ワンピース』の人気の高さ

《トップ画像》


現在、フランスのマンガ・BD(注1)市場では、日本のマンガが半分以上の売り上げ高を占めている。GFK研究所によれば、2020年全体で2200万冊強の売り上げを記録した。しかし、2021年1月から7月の間にフランスで2510万冊のマンガが販売され売上高は約1億8600万ユーロ。さらに8月だけで2890万冊が販売されており、今年の売り上げは右肩上がりに急激に伸びている。

そんなフランスでも人気の高いマンガ販売量の約10%を占めるのが、『ワンピース』だ。

『ワンピース』は、日本では1997年にスタートしたが、フランスでは2000年から販売された。そしてそれから10年、毎年フランスでのマンガの売り上げトップに立っている。

1000エピソード、そして現在100巻目を迎え、全部読むのに49日以上はかかると言われている狂気的な量のマンガであるのにもかかわらず、それはまったく障壁にはなってはいない。2020年には2019年より89%、2018年より135%多く販売され、毎年売り上げが伸びているのである。

そんな中今回100巻目が発売となり、初版で25万部が印刷されるという前代未聞の領域に到達した。この成功はフランスで最も権威のある文学賞のひとつ「ゴンクール賞」に匹敵するとも言われている。

また、2022年には映画もフランスに届くことになっており、この人気はまだ数年は確実に続きそうだ。

《欧州最大のコスプレサミット「Japan Expo」に集うコスプレイヤー達(2018年7月5日、フランス・パリ) 出典:Photo by


(>>2 以降へ)

仏熱狂「ワンピース」第100巻初版25万部
https://japan-indepth.jp/?p=63358
2021/12/14 ulala フランス在住の著述家 (@ulala_go)

Share on facebook
Facebook
Share on email
Email
Share on twitter
Twitter
Share on weixin
WeChat
Share on pinterest
Pinterest

引用元: ・マンガ大国フランス 尾田栄一郎『ONE PIECE』第100巻初版25万部 ワンピースが仏で人気なワケ [645525842]

2
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
■なぜ『ワンピース』がフランスでこれほどまで人気なのか?

日本と文化ベースが違うはずのフランスで、これほどまでに『ワンピース』の人気が出た理由はなんだろうか?フランスの高尚な文化を紹介することでも知られている「フランス・キュルチュール」の『ワンピース』の記事で、フランスの漫画家レノ・ルメール氏が語っている内容を3つほど紹介したい。

まず、その前に知っておいて欲しいのが、日本のマンガが人気がある理由として「少年・少女」が主人公になっていることが挙げられる。マンガが登場する以前のフランスには、10代の若者を対象にしつつも、大人になっても読めるような読み物があまりなかったのだ。

例えば、フランスで人気の子供用のBD『アステリックス』を見てみても、主人公は子供のように背は小さいのだが、子供ではなくひげを生やしたおじさんだ。そしてすごい皮肉が多く、なんだか子供の素直な気持ちを反映したものではない。

フランスでは、子供は小さな大人と呼ばれていたことからもわかるように、大人社会が中心であり、子供の世界は重要視されなかった歴史が影響しているだろう。「少年・少女の心」が置き去りにされがちだったのである。そのため、「少年・少女」だけではなく、「少年・少女の心を持つ大人」も楽しめるマンガは大きく人気を獲得していくようになった。

 

3
そういえばマンファってどこいった?

 

17
>>3
日本の漫画と比べてしまうと人気なさすぎて目立たない

 

4
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1. 他の日本の少年マンガと違う理由

しかし、同じく日本のマンガである『ナルト』も、『ドラゴンボール』も「少年・少女」が主人公になっているのにもかかわらず、なぜこれほどまでに『ワンピース』が人気なのだろうか?

その理由を、ルメール氏は、『ワンピース』は全てが最初にセットアップされているからだと説明する。多くの場合、週刊マンガで発表される日本のマンガは、最初はどこに向かうのか誰も知らない状態からはじまり、読者から意見を聞いて人気具合によって登場人物が消えたり話が変わったりしていく。しかし、物語というのは話者が作り出していくことが基本だ。作者の尾田栄一郎氏は、全てを最初にセットアップし、よいストーリーを生み出す作家であるというのだ。

2. 作者の尾田栄一郎のコンセプトは独創的

また、“ONE PIECE=ひとつなぎの大秘宝”を見つけなければならず、それを手にしたものが“海賊王”になるとされているのだが、しかし、作者はそれがいったい何であるかは決していわない。登場人物が誰もが「ONE PIECE」について話しているのに、それが何であるかを誰も何もいわないのだ。冒険はこの宝物の発見で終わるのだとは予測するが、不思議なことに100巻を過ぎても読者はこの宝物が何であるかわかっていない。これが独創的であり、設定としていい。

また、他の「少年」のマンガは旅について考えられているが、その運命の行き先についてはあまり考えられていないのにもかかわらず、『ワンピース』はその両方を持っている。それが強みだ。

3. 人々が変に見えることを躊躇していない。多様性がある。

いろんなキャラクターがでてくるが、すごく変わっていて、尾田栄一郎氏のスタイルでもある。現実には存在しないような体形や体の動きをしたり、アングルで見せる革新的な絵で、キャラクターが変に見えることもまったく気にしていない。

そして、現実時間の中に物語が閉じ込められていない。尾田栄一郎氏が宇宙を作り、独自規則を作り、時代を超えた普遍的な作品になっている。そして、国境もない。ルフィは日本人ではない。ルフィはブラジル人、サンジはフランス語のキャラクター、ロビンはロシアのキャラクターだ。しかしワンピースはそれ自体が宇宙全体であり、実際にはすべてが架空の世界で行われるため、ブラジル人、フランス人、アメリカ人の誰もがルフィに共感する。そう、すべての素晴らしい作品、マンガは、同じように別の現実が舞台になっているのだ。

 

5
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
・マンガがもたらす価値観

ルメール氏の説明からは、『ワンピース』が特別であることも読み取れるが、日本のマンガがフランスで人気がでる理由の一つとして、フランスになかった価値観や、求められていた価値観が詰まっているからであることも読み取れる。

『ワンピース』をはじめとするマンガにおけるフランスでの成功からは、フランスにはなかったよい価値観をもちこむことは肯定的にとらえられることも垣間見え、このような日本の文化を守っていく重要性を考えさせられる。マンガを通して若者たちは、冒険すること、未来に希望を持つこと、そして多様性のある平等な世界など多くのことを学ぶことができるのだ。そして、そういった少年・少女の心に寄り添えるのが、日本のマンガなのである。

**注1 B.D.(仏語:bande dessinée バンド・デシネ)は、フランス・ベルギーなどを中心とした地域の漫画のこと。ベデと発音する。

 

27
>>5
大絶賛だね

 

6
バンドデシネ

 

42
>>6
バンドシネは1巻出るのに2~3年かかってページ数も少ないからな、読者が我慢できないやろ

 

75
>>42
ハンタ「…」

 

7
マンファって結局流行らないで終わり?

 

8
>>7
今はウェブトゥーンの時代ニダ

 

20
>>7
上っ面の絵だけはパクれても
漫画作品のセンスまではパクれない

 

9
何がすごいって
こんだけマンが普及してんのに
日本人が行くと差別されるところ

 

29
>>9
黒人のジャズミュージシャンが人気が出始めたころも黒人差別はなくならなかった

 

36
>>9
漫画描く創作家や漫画好きですらない
ニワカの外国かぶれがフランスに行ってるからでは?

 

113
>>9
そいつがその漫画描いてるわけじゃねえからな

 

10
フランス人はDQNてことだろ

 

11
つまんないよね

 

14
>>11
つまるつまらん以前に100巻とか普通に読む気が起こらない

 

114
>>11
ごり押しばればれだからな
序盤だけそこそこ面白かったけどその程度

 

12
6700万人の人口で初版25万部
日本に例えるなら初版40万部超え
初版だからな
アメリカでも漫画の人気は右肩上がり
鬼滅の全巻セットがコミックランクTOP3に入ってくるまでになってる

 

13
>3. 人々が変に見えることを躊躇していない。多様性がある。
その割にはあいつらすぐ差別するよな・・・

 

15
ごちゃごちゃして
絵ばかりか話も余計なモノが多いヤツか

 

16
今の漫画って昔みたいに気を入れて見るもんじゃなく
ペラペラざっと見るもんだと教えてくれた漫画

 

110
>>16
それは自分の年齢も影響してるかも
俺も昔ほど一所懸命本読めないもん

 

18
日本じゃ人気ないのにな

 

21
>>18
普通にTOPクラスの人気
毎巻200万部は安定的に売っている
また人気が上がってきてる印象

 

38
>>18
日本一売れてるぞ
日本に住んでないのか?

 

19
フラカスに評価されても

 

22
あれ?昔はワンピ酷評されてたよねフランスで

 

23
ワンピース高校生からやでんでるけど惰性で読んでるだけ。終わらせ方が気になるだけで最近はキャラが渋滞して覚えられんw

 

24
フランスの出版事情を知らないんだけど25万部は凄いのかね?

 

32
>>24
アメコミやBDの日本市場なんて売れてせいぜい1万部とかだと思うぞ
それから比べたら売れすぎ

 

25
鬼滅、ワンピ、ヒロアカ、チェンソーは欧米でも普通に強いぞ

 

26
アニメもやってるのか?あんなテンポの悪い展開で我慢出来るのか

 

28
あいつらGTOの影響で教師になったりするから

 

30
友情、努力、勝利
これが麻薬なんだよ

 

31
この人のアンチってなんで尾田くんて言うの?
何か下に見てる言い方よね

 

33
かつては面白かったけどもう今じゃ冗長の極み

 

34
フランス人の先祖ってバイキングだっけ

 

35
EDENSZEROの方が女の子のキャラも可愛いし面白いよ

 

37
チョン「ウォンピースのパクリニダ!」

 

39
アステリックスってビーンが熊に読ませてたやつだな

 

40
キャラの手足が細くてヒョロ長い感じがあっちの風刺画に似てるから馴染むんだろ

 

41
独創的なんかなぁ
熱血ジャンプ漫画としてテンプレ通り進んでるのでは?
あっ読んでないですけどね

 

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

「ワンピース」の他の記事

あなたにオススメの記事

アリアナ・グランデさん、急にアジア人コスプレをし出して無事炎上

アリアナ・グランデの「アジアンフィッシング」疑惑に、ファンたちも賛否両論「意図的にアジア人風にしている」という指摘“アジアンフィッシング“とは“ブラックフィッシング“から派生した言葉で、2018年にジャーナリストのワナ・トンプソンが初めて使った言葉だ。当時トンプソンはツイッターで…

<<<全文表示